中途採用のコストを抑える4つの裏技

中途採用のコストを抑える4つの裏技

2018/7/31 更新

高いコストを抑えられる!

中途採用のコストを抑える4つの裏技

中途採用を行う企業にとって、1番のポイントと言えばコスト削減ではないでしょうか? 中途採用では、思っていた以上にコストが掛かってしまう場合があります。 良い人材を確保するためには仕方のないことなのかもしれませんが、できればコストを抑えた人材募集をしたいものです。 そこで、中途採用におけるコスト削減の方法について紹介していきますので、これから中途採用をしようと考えている企業の方は、参考にしてみてください。

 

PDCAサイクルで求人を管理する

PDCAを知っていますか?

仕事を進めるにあたり、PDCAは基本となります。

  • P:Plan(計画を練る)
  • D:Do(実行)
  • C:Check(評価)
  • A:Action(改善)

とそれぞれの頭文字を取って作られた言葉で、PDCAの順で継続的に進めていくことで、作業を円滑に行うことができるのです。

中途採用でもこの方法を使えばコストを削減できるのです。

企業は1つの求人サイトに求人を載せるのではなくいくつかの求人サイトや求人媒体で募集をかけていきます。

ですが、中には実際には採用に繋がっていない求人媒体はありませんか?

企業にとって優秀な人材が現れない媒体は、必要ないと判断することができます。

出稿回数・出稿時期・応募者の数などをきちんと調べることで、より効果のある求人媒体へ移行することによって、コストを削減することが可能となるのです。

採用業務システムを導入する

中途採用活動では、様々な業務が必要となります。

採用業務システムでは、データの集計機能や分析機能を使い、作業の効率化を図ることができるのです。

PDCAを用いてコスト対策を行っていくには、時間も必要となります。

日々の業務に支障がでないためには、採用業務システムを活用することで効率化を図ることができます。

システムを導入すること自体に費用が発生しますが、期待以上の削減が行える可能性も高いのでオススメのシステムとなっています。

退職理由を知る

多くの企業では従業員の退職による欠員補充によって人材を確保することが多くなります。

優秀な人材ほど退職することも多いので、中途採用のコストを減らすためには、まず離職率を減少させなければいけないのです。

よって、退職者の理由を知ることが必要となります。

退職理由が、定年や結婚、妊娠以外のものを挙げると、

  • 勤務時間が長い(残業が多い)
  • 休日出勤が多い
  • 人間関係の問題
  • 給与に不満がある
  • キャリアアップを目指している
  • 正当な評価を得たい
  • 福利厚生がない

など、仕事を行う環境に不満を持っている人が多いので、離職率を減らすためには上記の問題を解決する必要があります。

退職者が多い場合には、しっかりと対策を考える必要があるでしょう。

また、退職者が出た場合には退職面接を行うことが有効です。

様々な不満を言ってもらえることで、改善策が見出せるでしょう。

求人媒体を変更する

近年、様々な求人媒体が存在しています。

中には多くのコストが掛かるものもありますが、コストの低い求人媒体を選択することで中途採用に掛かるコストを減らすことができるでしょう。

ハローワーク

ハローワークではコストを抑えた採用を行えます。

ハローワーク経由で採用を行うことで、奨励金や助成金が出る可能性もあるので、人材を得られるだけではなく教育のために費用を充てることができるのです。

SNS

近年、SNSで人材募集をする企業が増えてきています。

FacebookやTwitterなどのSNSを通じて募集を行い、転職希望者と直接話をすることができます。

気になる人物がいれば、企業から直接コンタクトを取ることもできるので、費用を抑えた中途採用活動が行えます。

交流会

ビジネスマン同士の交流会に参加するのも良いでしょう。

スキルアップを考えている人は、積極的に交流会に参加をしています。

入社してもらうことが難しくても、交流を深めることで人材を紹介してもらえるチャンスもあるので、交流会には積極的に参加してみましょう。

ホームページ

自社のホームページがある場合には採用に積極的に活用しましょう。

どんな人物を募集しているのかだけではなく、どんな会社なのかを詳しいところまで記載することで、どういった環境で仕事をするのかをわかってもらえます。

少なくともホームページを見ているだけでも興味を持っていることがわかるので、募集要項はしっかりと記載しておきましょう。

紹介

従業員や取引先の方に、人材を紹介してもらうことでも人材を確保することができます

社員紹介制度を設けるだけではなく、報奨金制度などを実施することでより人材を紹介してもらえることに繋がります。

海外では一般的に使われている制度で、離職率が低いことが統計でも立証されています。

中途採用のコストを削減するためには、いくつかの方法があります。

採用業務の質を高めるだけでもコスト削減に繋げることができるため、様々な方法を試してみましょう。