中途採用が入社後活躍できるための施策、「オンボーディング」とは?

中途採用が入社後活躍できるための施策、「オンボーディング」とは?

2018/8/2 更新

中途採用者の即戦力性を高めるために必要な施策を紹介!

中途採用が入社後活躍できるための施策、「オンボーディング」とは?

オンボーディングにより、新入社員だけでなく、中途採用者の離職率を軽減することが可能だという事をご存じですか? オンボーディングという取り組み自体が日本でまだ馴染みのないものなので、採用担当者は何から初めて良いのか分からないと頭を悩ませる部分も多いと思います。 しかし、オンボーディングを行うのとそうでないのとでは、中途採用者のポテンシャルの高さや即戦力性に違いが出ます。 今回は、中途採用が入社後活躍できるための施策、「オンボーディング」について詳しく紹介していきます。

 

オンボーディングの定義とは?

オンボーディングは英語で「on boarding」と表記され、新入社員を即戦力に引き上げる研修のことを指します。

日本の多くの企業では今だ研修カリキュラムの整備ができておらず、新人研修に対する理解の甘さが目立ちます。

この状況を打破するためにも、オンボーディングを用いて即戦力性を持った人座を育てることが重要なのです。

オンボーディングは既存メンバーと新入社員の間にある穴を埋め、風通しの良い風土を作るだけでなく、コミュニケーションが取りやすい職場環境の整備にも役立ちます。

オンボーディングに学ぶ研修の重要さ

オンボーディングの研修カリキュラムは、既存の業務メンバーに組み入れるための研修ではなく、新人のポテンシャルを早期に引き出し、メンバーとの1早い連携を目指します。

ですから、今までの研修や教育とは全く違い、新人の「個」のキャリアやスキルに合わせたプログラムを組み立て、職場全体でメンバーの受け入れ体制を作るのです。

前職でいくら素晴らしい功績を納めていたとしても、新しい職場に移ったばかりでそれをやれと言われても非常に難しいと思います。

チームや会社全体で必要な研修を通し、受け入れ態勢を強固にすることで、全体のパフォーマンスを向上させることができるのです。

即戦力としてのパワーを最大限に引き出す

中途採用者は「周りいに頼ることが難しい・周りに放っておかれている」という環境におかれやすいです。

言いようによっては「逆境」と取れるかもしれませんが、これがあまりにも過ぎる場合には「即戦力」と成りうることは難しいでしょう。

つまり、中途採用者を即戦力性を引き出すためには、会社や人事、チームの協力が必須なのです。

中途だからと言って、お手並み拝見と高見の見物をしていては育つものも育ちません。

業務の中で分からないことがあっても、気軽に質問できる空気感が無ければ、最高のパフォーマンスを生み出すことは不可能なのです。

ですから、まずは職場適応(How to live)をし、次の段階でスキルやノウハウを学ぶ(How to learn)、それが仕事の成果に繋がる(How to work)、周りも感化される(How to influence)というのが正しい仕事のプロセスだと思います。

中途採用者への余計なプレッシャーを与えず、いかに職場に適応させるかというポイントを重要視しましょう。

具体的は『オンボーディング』の例

近年、中途採用の即戦力性を強化するために、多くの企業でオンボーディングのガイドラインがまとめられています。

具体的には次のようなことです。

  • 出社当日にメールアドレスのアカウントが設定されている
  • 業務を遂行するために必要なな情報にアクセス可能である
  • チームや先輩社員から歓迎ランチが用意されている
  • 仕事を覚えるまでOJTや研修が充実している
  • トラブルが発生した際に頼れる人材を付けている
  • 上司やマネージャーとの面談の時間が設けられている
  • 社内で需要なポストにいる人間の氏名や連絡先が教えられている
  • 仕事が始められる環境が整っている
  • 他の新入社員と接する機会が設けられている
  • オリエンテーションプログラムへの参加資格が与えられている
  • 入社を歓迎されるイベントがある
  • 既存のメンバーと自己紹介を交わせる場が用意されている
  • 新入社員が入社した事を社内報で通知
  • 会社の名前・ロゴが印字されたグッズを提供されている
  • トラブルが起きた際に話しかけやすい同僚が割り当てられている
  • 従業員用のウェブサイトにアクセス可能
  • 会社で利用出来る物品の説明がなされている
  • 新入社員が教育を受けられる場が提供されている
  • 会社の施設を細かに説明してもらう機会が設けられている
  • 人事の代表と面会する機会を与えられている

これらの事が実践できれば、中途採用者も会社や配属チームに馴染みやすく、業務に必要な知識を獲得できると共に自分のやるべき方向性が見えてくると思います。

オンボーディング施策が充実している会社ほど、中途採用者の即戦力性が強化され、会社に貢献できる人材が増えていきます。

逆をいうと、これらの施策が整備されていない・実現できていないという会社は今後、人材市場競争て勝てなくなっていくことでしょう。

会社の風土が出来上がっている企業では、こういった新しい取り組みの受け入れは難しいかもしれません。

しかし、施策は1日もあればまとまりますし、オンボーディングのガイドラインに沿って進めれば何も難しいことはないでしょう。