ブラック企業と誤解されない採用方法

ブラック企業と誤解されない採用方法

勘違いされると人材が集まらない!

ブラック企業と誤解されない採用方法

候補者の人柄などを知るためにプライベートな質問を聞く人も多いでしょう。 しかし、仕事に関係のないプライベートな質問をすると、候補者は何かしら疑いを感じてしまいます。一体、どういった質問を避けるべきなのでしょうか。

 

プライベートな内容の質問を控える

職業安定法・第五条の四では、「同意や正当な理由がない限り、業務の目的達成に必要範囲の個人情報を収集し、収集目的の範囲内で保管と使用しなければならない」と法令が定められています。

ですので、むやみにプライベートな内容をすることは違法行為に当てはまるのです。

具体的に言うと家族構成や家庭環境、恋人の有無、結婚や出産の予定などが当てはまるでしょう。

単純に候補者の緊張感をほぐす世間話として話題に出すこともあるでしょうが、就職差別に捉えられる可能性があるので他の方法で緊張感を減らす努力が必要です。

候補者に不快感を与えないためにも、プライベート過ぎる内容の質問は避けるようにしましょう。

高圧的な態度はとらない

面接官や役員は候補者の態度や身だしなみから第一印象を決め、その印象も選考の材料を考える人は多いでしょう。

それは面接する立場も同じことが言えます。

面接官や役員が不機嫌な表情や高圧的で態度が悪いと、候補者に悪印象を与えてしまいます。

特に高圧的な態度は候補者の不信感にもつながるので、内定辞退の確立を上げてしまう可能性があるのです。

面接は候補者を選考する場ですが、同時に候補者も働きたい場所かどうかを選考する場所だという認識が重要と言えます。

面接官や役員の人選では人材の能力を見極められる人も必要ですが、どんな相手でも丁寧な対応ができる社員が望ましいでしょう。

面接を行う社員は会社の顔であることを意識することが大切です。

一方的なコミュニケーションをとらない

候補者に自社の魅力を知ってもらうために、会社説明会や面接時に強みをアピールすることは大切です。

しかし、会社の自慢を一方的に話しても候補者は魅力を感じず、むしろ人材を集めるため必死になっている印象を与えます。

候補者からの理解を得た上で選考しなければならないので、双方の理解を深めるコミュニケーションが重要だと言えるでしょう。

また、時間がないからといって淡々と質問を進め、早く終わり過ぎる面接は候補者に不安を与えてしまいます。

早くても30分は時間をかけてコミュニケーションをとることで、不安を取り除くことができるでしょう。

何気ないことがブラック企業と誤解を与える要因になっていることがあります。

ブラック企業と噂が広がれば採用活動も不利となってしまうので、候補者から好印象にみてもらえる対応が必要です。

対応だけではなく会社の雰囲気なども良くすることを心掛け、候補者が集まりやすい採用活動を行いましょう。