40代、50代の転職も増加中。気をつけるべきポイントは?

40代、50代の転職も増加中。気をつけるべきポイントは?

入社後のミスマッチを防ぐ!

40代、50代の転職も増加中。気をつけるべきポイントは?

離職によりブランクがあると管理職の人材を確保する必要があります。 高齢社会により若手労働者の数も少なく、40~50代の求職者を積極的に採用する企業も増えているようです。 この年齢は社会人としての経験や能力もあるので、即戦力として重要視されるでしょう。 しかし、期待できる反面ミスマッチも多いようです。 それでは、40~50代を採用する場合、どのようなことに気を付けるべきかご紹介していきます。

 

40~50代を採用するメリット

転職市場では日々求人件数が増加傾向にあり、最近は既にスキルや経験が豊富な中高年層を求める求人も増えています。

それでは、中高年層を採用するメリットをみていきましょう。

中高年層を採用するメリットはやはり、即戦力やマネジメントに期待できることです。

中高年層の求人が増える背景には、次世代の管理職につく社員を育成する時間がない、優秀な人材が退職したなどの原因があります。

なので、外部から使用する手段を取るのです。

中高年層の多くは専門的知識や経験を持ち、管理職の経験もあるのでマネジメント実績にも期待できるでしょう。

企業問題の解消に即効性があることが求められる要素だと考えられます。

40~50代はモンスター社員予備軍?

モンスター社員とは常識から外れる発言や行動を行い、会社や職場に迷惑をかける問題の多い社員のことです。

中途採用でもモンスター社員が入社するケースはあるので、しっかり見極めて入社を防ぐことが望ましいでしょう。

モンスター社員は若い年齢層に多いイメージがありますが、実は40~50代もモンスター社員予備軍に当てはまる可能性があります。

その理由は経験や知識が多い、自分よりも能力が劣る社員や若い社員を見下したり、攻撃的な態度を示したりする人が多い層だからです。

近年はパワハラによる離職問題も増加しています。

管理職という大事なポジションに立つ人材であれば、なおさら人選びは慎重に行う必要があるでしょう。

入社後のミスマッチを防ぐポイント

モンスター社員予備軍の人材は入社後に様々な問題の要因になる可能性があります。

入社後のミスマッチが起こらないように、選考時のポイントをみていきましょう。

仕事内容や価値観の確認

ミスマッチの原因として、仕事内容や価値観を理解できていない人材を選んでいる可能性があります。

中途採用では即戦力になる能力が重視されますが、仕事内容や価値観は企業ごとにそれぞれ異なるものです。

なので、その企業に合わない仕事のやり方や価値観の違いにより、トラブルが生まれてくる可能性があります。

仕事内容や価値観については採用活動を計画する段階、求職者にどのように伝えるか考えておきましょう。

合同会社説明会で話す、面接時にアピールするなどの方法があります。

仕事内容や価値観に理解のある人材を集めることができれば、ミスマッチの起きにくい採用活動が送れるでしょう。

そして、面接の質問を通じてどのような価値観があるのか、企業のことはどれだけ知っているのかを確認することも大切です。

対応力と順応力の確認

管理職は組織の運営の関わるポジションであり、様々な課題と向き合う場面があります。
なので、柔軟に対応できる力は求められるでしょう。

対応力の確認は今まで苦労したエピソードを聞き、そこでどのように対応したのか聞くことで選考の判断材料となります。

さらに、対応力だけではなく順応力の確認も欠かせません。

順応力がない人材は、新しい環境でも馴染めないケースが多いです。

なので、新しい職場やポジションでも柔軟に対応できる人材であれば、入社後に大きなトラブルに発展することは少ないと言えます。

職歴だけで判断しない

中高年層の採用となると能力や経歴が重視されるので、職歴には注目するでしょう。

しかし、大手企業にいた人材だから全てが優秀というわけではありません。

過剰に期待すると入社後のミスマッチも大きくなるので、今までどのような仕事をしてきたのか具体的に掘り下げて聞いていくことが大切です。

第一印象にも気を付ける

中高年層のほとんどは身だしなみがしっかりしているので、第一印象だけでモンスター社員予備軍と判断することは難しいです。

面接では良い印象でも、入社後に自己中心的な考えが強い場合もあるのです。

採用ではどんな人物像の会う人材を採用したいのか明確にし、価値観や企業概念に対して共感できるのか確認していくことがミスマッチを防ぐ上で重要でしょう。

40代から50代の人材は経験もスキルも豊富なので、即戦力や管理職では最適なポジションの人材です。

活躍に期待できる40代、50代だからこそ、採用活動では慎重な判断が求められます。

職歴や第一印象が良い人でも、入社後にモンスター社員に豹変してしまうケースは少なくありません。

企業概念や仕事への価値観、業務内容など理解している人材かを確認しつつ、対応力と順応力のある中高年層の採用を成功させましょう。