ベテラン人事が語る、これだけは聞いておくべき面接の質問

ベテラン人事が語る、これだけは聞いておくべき面接の質問

即戦力性を重視した採用面接で聞くべき質問とは!?

ベテラン人事が語る、これだけは聞いておくべき面接の質問

採用面接でどのような質問を選考者に投げかければよいのか?という事でお悩みの面接官の方もいらっしゃると思います。 特に中途採用のように、入社後すぐに即戦力となってほしい人材を選ぶ場合には質問内容もそれなりでなければなりません。 今回は中途採用の目的をおさらいしながら、どういった質問をすると効果的なのかを紹介していきます。

 

面接によって選考者の即戦力性がわかる

企業が中途採用によって新しい人材を迎え入れるのは、業務強化・欠員補助といった即戦力を外部から引き入れたいからでしょう。

しかし、選考者の中には即戦力として起用するには難しい人材も応募してくることがあります。

また面接の受け答えが自己紹介を中心とした「自分語り」、になってしまう人も多く、働くことに対してのポテンシャルや自分の人間性を強くアピールしてくる人もいます。

しかし、そういったアピールの方法は新卒採用の場では高評価でも、中途採用のように即戦力性を重視する面接では仇になってしまうのです。

ですから、中途採用で面接官が投げかける質問も一辺倒ではいけません。
過去の経歴からどのようなポジションでどれくらいの仕事量をこなしてきたのか、またその成果がどれくらいだったのか、という事を聞きだすようにしましょう。

採用面接で聞くべき質問とは

中途採用の面接の意図を理解したうえで、選考者が自社に必要な人材であるか見極めるための質問を用意しましょう。

即戦力性を求めるならば質問の方向性も固めておく必要があります。
選考者に聞いておくべき質問内容は以下の通りです。

①前職の退職理由と入社動機

社会人経験がある程度ある人材は、「自分の働き方」というものを持っているはすです。
このポリシーは人それぞれで異なりますので、前職の退職理由や入社動機にからめながら、詳しく聞きだしておく必要があります。

なぜ働き方を重要視するのかと言いますと、前職での退社理由の内容次第では、自分の持つポリシーが仕事にそんな影響を及ぼしたのか、また仕事とポリシーの間でどんな齟齬が発生してしまったのかという事が分かるからです。

その人がどんな働き方を求めていて、自社にとてそれがプラスに働くのか、それともマイナスでしかないのかを判断することができます。

合わせて、入社前の志望動機と絡めて話をしてもらうことで、働く目的に一貫性があるか、仕事が上手くいかない理由を会社に押しつけていないかなどを見極めることができるのです。

②前職での実績

入社後すぐに戦力となるような人材を採用するためには、選考者がどのような仕事ぶりを発揮してきたのかという事を知る必要があります。

裏を返すと、前職での実績がない・期待通りの返答が得られなかった場合には、採用したとしても即戦力性は期待できないでしょう。

また、過去の実績が自社の事業とは全く関係ないものである場合も注意が必要です。
その人材を採用した際に、社員教育などによってどこまで伸びる可能性があるのかなど担当者は考慮して採用する必要があります。

③取得しているスキル・仕事のノウハウ

入社後にどんどん実績を上げて貰うためにも、仕事をバックアップできるスキル・ノウハウが重要です。

特定のスキルであれば、その高さを見極める必要がありますし、裏付けるために同じスキルを持つ人材を面接に同行させるのも良いでしょう。

今までの経験上、そのスキルが役立った場面を話してもらったり、今後にどう活かしていきたいのかという事も聞いておくと選考ポイントが倍層します。

しかし、自社にとって意味がないスキルの場合は貴重な面接の時間を削ることになりますので、違う話にシフトした方が良いでしょう。

一方、仕事のノウハウというものは社会人経験を長く積んでいないと身に就かない貴重なものです。

自社で実行しているノウハウ以上のものを持っている人材であれば、業務の効率化・利益収入に繋がる可能性も大いにあります。

こういったノウハウを聞き出すことは簡単ではありませんが、自社の事業をあなたならどうこなしていくのか、などの質問をすることにより、その人の持つ仕事のノウハウを確認することが可能です。

質問は簡潔にまとめておくことが重要

中途採用面接を行う前には、「自社で必要としているのは即戦力なのか、コストを賭けてでも教育するべき人材なのか」という事をしっかり確認しておきましょう。

今すぐにでも改善しなければならない緊急の仕事でないならば、コストをかけて新卒者を教育していった方が安くつく場合もあるのです。

中途採用は即戦力性がある変わりに人件費が高く、逆に失った時のコストも図りしれません。

新卒者を教育する時間も人材もいないといった場合には、中途採用で代替する事も検討しましょう。

面接は先行者に投げかける質問の内容を吟味しておくことも重要ですが、面接官を行う人材の選定にも気を配りましょう。

選考者の人柄や能力、人間性を見分けられる人材でなければ採用活動そのものが失敗に終わってしまう可能性も大きいです。