【成果の出る求人情報の書き方】企業風土編

【成果の出る求人情報の書き方】企業風土編

転職希望者はここを見ている!

【成果の出る求人情報の書き方】企業風土編

求人情報は、企業によって歴史や企業文化も違い企業風土は大きく異なるものです。 これを転職希望者に対しうまく伝えることで、企業に見合った採用者を早く見つけることにつながるのではないでしょうか。 そんな即戦力になる人材を探すためには、求人情報の書き方にも一工夫必要になります。 どのようなことに意識すれば光り輝いた求人情報になるのでしょうか。

 

風土との相性が見極めポイント

企業風土は、働く上で重要な事柄で簡単にいうと企業が持っている雰囲気です。

この風土が転職希望者が求めているものに合わないと、働きにくい企業という風にみなされます。

この風土が合わないということだけで、入社後に退職してしまう社員も少なくありません。

例えば残業が美徳されていたり、冗談話もできないような職場だったり、若い世代がどんどん出生していく企業であれば企業風土もなんとなくわかるものです。
これを最終的に判断する場が面接になりますが、求人情報の書き方によっても目安がつく場合もあります。

事業や商材からわかる企業風土

営業職の中には、比較的最新情報を追い求めるWEB系の仕事と、プラント設備のような年数をかけて進めるプロジェクトの営業を行う仕事があります。

どちらも営業職ですが、仕事環境は全く異なるのが特徴です。

技術革新や商品サイクルのスピードが早い業界と、長年技術を蓄積してきた業界では、商材を中心に企業風土が違うものです。

ですから、わりとせかせかとした企業柄か、おっとりとした企業柄か少なからずギャップがあるのでこれに気づいている転職希望者は多いでしょう。

転職希望者は、自分に向いている仕事や好みの仕事を前提に探しています。
入社後のミスマッチを防ぐためにも、企業風土がどんなものであるかイメージがつかめるように記載しておくことが重要です。

歴史や文化によって違う企業風土

同じ事業でも、会社の成り立ちが違うことで、社風もガラリと変わってくる場合もあります。

官から民へと切り替わった企業や、何百年の歴史を築き上げてきた会社、新規を果たし設立からの年数が浅い企業もあります。

このように本来から目の付け所や見方、行動範囲が違う分企業風土も大きく異なるでしょう。

企業は人間と同じで、DNAによって引き継がれていくものです。

新卒入社した社員が定年までずっと勤めあげれば気づきにくいものですが、転職となると違います。

企業による風土の違いにカルチャーショックを受ける可能性も少なくありません。

転職希望者は、企業の規模や歴史などからある程度企業風土を想像するのですが、入社する前にこれを把握できていればギャップを最小限に留めることができますし、早期段階での戦力にもつながることでしょう。

社外からの目線で比較検討してみよう

「面接の際に志望企業の先輩社員と話す機会があり、企業へのイメージが変わった」「工場見学をするチャンスがあり、社員への印象、勤務地の立地環境などがわかった」などという理由をもとに、少し興味がある企業から「転職志望の第一企業」」へと変わっていく場合があります。

その段階までもっていくには、求人情報に企業風土の紹介欄を設けて勤務地の立地環境や活躍している仕事・人物、他の企業にはないちょっと変わった制度などを記載しておくと効果的です。

求人情報には、職種や業種が重なるとどうしても企業風土が似たような表現になってしまうことが多いものです。

実績を残した事例と共に、風土をアピールしてみてもよいでしょう。

アピールの仕方は、現実とかけ離れすぎているような内容は避け転職希望者が活躍する自分の姿をイメージできるようなアピールを心がけてください。

また、企業のホームページのトップサイトにある挨拶や会社沿革は、企業の雰囲気をつかむための大切な情報源といわれています。

転職希望者は、ホームページに記載された組織図や事業内容から何となく企業風土を察知するものです。

社外からはどんな風に見えるか第三者目線で冷静に比較したりしながら作るだけでも求人情報の見え方が変わってくるのではないでしょうか。

どのような企業風土が人気か

実際に企業で働いている社員は、どのような風土を高く評価しているのでしょうか?

  • お互いに指摘しあえる関係
  • 社員全員が仲がよい
  • みんなでフォローしあう
  • 仕事とプライベートが分けられている
  • 過干渉になりすぎない
  • 実力を評価してくれる
  • 残業時間で評価しない
  • 色々なことをチャレンジできる
  • マイペースで仕事ができる
  • 個人の意見を尊重してくれる
  • 意欲を高められる
  • 指摘しあいながら成長していける

以上のように、企業風土を感じるポイントは人間関係や、価値観、評価基準、仕事への向き合い方、雰囲気に分類されています。
これらは、労働条件や福利厚生、業務内容などの客観的にわかる情報とは別のものです。

企業風土は人ととらえた場合「人柄」にあたるようなものです。

企業側がどんな人を採用したいか、ということを頭に入れて企業が前面に出したい雰囲気を伝えられるとよいのではないでしょうか。