人材採用を始動させるベストなタイミング。

人材採用を始動させるベストなタイミング。

人事採用を開始するのはいつがおすすめ?

人材採用を始動させるベストなタイミング。

人材採用をどのタイミングで行うべきかわからないと考えている企業も多いでしょう。 そこで効率的に人材採用を行う方法や、人材採用のベストな時期について解説していきます。

 

人材採用を行う企業と転職希望者にはズレがある

人材採用をする理由とは何でしょうか?

欠員補充のため

自己都合退職のほか、定年退職によっても欠員がうまれます。その欠員を補充するために、人材採用を行うのです。

事業拡大のため

事業を拡大していくために企業は新規出店を行います。その際に必要な人員を採用するのです。

以上のような理由で人材採用を行う企業が多いでしょう。

ですが、突発的な動きになってしまうので人材採用を行うタイミングが掴めずに「急募求人」であったり「○月○日までに入社可能な人材を募集」などのような、期日が定められた求人を募集することになってしまう企業も多いのです。

一方、転職希望者は転職活動を退職してから行う人だけではなく在職中に行う人も多いのです。

現在働いている会社で任されている仕事が終了した時点での退職や引き継ぎが終了してからでないと退職できない人もいます。

そういった人たちは期日が定められていると、いくら希望の企業だからと言っても、求人募集に応募することを躊躇ってしまうのです。

転職活動者と人材採用をする企業にズレが生じてしまうのはよくある話なので、人材採用をする予定がなくても人材採用について考えることが必要です。

求めている人材を明確にしタイミングを逃さないようにする

突発的な理由による人材採用のことを考えて、まずは求めている人材はどういう人物なのかを明確にしましょう。

人材が欲しいという理由だけで行うと、短期離職などのリスクを伴うことになるので、人材が不足している期間を伸ばしてしまうことになります。

なので、必要な人材を明確にしておくことで人材採用のタイミングを逃すことなく人材募集を出すことができます。

例えば、事業拡大のための人材採用であれば、即戦力があり多くの知識を持っている経験者などが良いでしょう。知識を持ち合わせていなくても、積極的に取り組む姿勢のある人材は採用後も成長していくことが期待できます。

スキルや個性だけではなく、どんなことに期待しているのか、協調性はあるのかなど細かい部分まで考えることで、欲しい人材を明確にすることができます。

また、求めている人材に関しては常に変化していきます。企業の成長に合わせた人材が必要となるので、定期的に必要となる人材を見直し、人材採用をすることになったらすぐに打ち出せるよう、人材採用の担当者は考える必要があります。

タイミングを逃さないために採用手法を考える

人材採用を始める際に焦ってしまわぬよう、あらかじめ採用手法を考えておきましょう。

採用手法の種類を紹介します。

ハローワーク

誰でも気軽に求人情報を集めることができる施設です。

求人費用も無料で企業としても募集を出しやすいでしょう。ですが、欲しい人材だけではなく採用基準を満たしていない求職者からの応募も多くなるため、採用に時間を費やすことも考えられます。

紙媒体

新聞や求人誌、求人広告など様々なものがあり、多くの人に見てもらうことができます。

業界紙などに載せることで専門的なスキルを持った人材の目に留まることもあり、欲しい人材を採用できるチャンスもありますが、費用が掛かるので欲しい人材が来なかった場合ダメージとなってしまいます。

Web媒体

パソコンだけではなくスマートフォンでも気軽に見れるので、多くの人の目に留まりやすいです。

自社のホームページに乗せることで、興味を持っている人が応募してくる可能性が高まりますが、ホームページに来てもらう為にはSEO対策や他の求人媒体と連携する必要があります。

人材採用のタイミングがいつ来ても良いように採用手法を考え、タイミングが来たらすぐに掲載できるよう準備をしておきましょう。

人材紹介会社や採用支援サービスを活用する

上記のような採用手法のほかに、採用支援サービスなどを活用する方法があります。

欲しい人材の特徴を細かく伝えておくことで、そのサービスに登録してある求職者を紹介してもらうことができます。

必要な知識とスキルを持っている人材をすぐに見つけることができるので、最も効率的な手法でしょう。効率的に進めていくには、日々の話し合いが重要です。

定期的に欲しい人材の特徴を伝え、いつ人材採用を行うことになっても良いよう準備をしておく必要があるでしょう。

人材採用のタイミングを計ることは難しいのですが、タイミングが急に来ても良いように準備をしておくことはできます。

自社が求めている人材は他社でも求めている可能性が大きいので、早めに動き出すことが重要となるでしょう。欠員が出た段階で焦ることのないよう、人材採用について担当者が一丸となり情報を収集し、準備をしておく必要があります。