採用アウトソーシングの活用法

採用アウトソーシングの活用法

採用ノウハウがない時、どうする?!

採用アウトソーシングの活用法

中途採用の大きな特徴として、人材が足りなくなっってしまったタイミングに合わせて不定期に採用を行う場合が多いです。 ですから、タイミングによっては採用担当の時間が取れなかったり、採用ノウハウのない人材が担当に任命されたりなど、苦しい状況の中で採用を行わねばなりません。 特に、「時間もない、ノウハウもない、何から始めていいのか分からない」といった場合は大変です。 今回はそんな時間と採用ノウハウの不足による「困った」にお答えしていきます。

 

全て自社でやろうとはせず、採用アウトソーシングに委託するのもアリ

不定期に行われることが多い中途採用は、1人~たった数人のために莫大なコストがかかります。

また採用ノウハウや手順の引き継ぎがなされていないケースも多く、同じ水準で採用活動を行うのが大変厳しくなっています。

採用担当者は、応募者への連絡や会社訪問、面接日時の調整などでバタバタと忙しくなってしまうでしょう。

人材不足の会社では、担当者が時間を作ることが難しく、採用につきっきりになることはほぼ不可能です。

そんなときは、採用アウトソーシングに協力をしてもらいましょう。

採用アウトソーシングを利用し、採用の流れを一本化することにより担当者の負担が減って、より質の高い採用活動が行えます。

また採用ノウハウがない担当者でも、採用アウトソーシングサービスからノウハウを教わることで、次回の採用に活かせるシステム作りができます。

採用アウトソーシングを利用するメリット

外部の採用サービスに依頼があるケースはいくつかのタイプに分類することができます。

依頼が多いのは全国に散らばっている支社の採用水準を均一にしたいというタイプと、複数の応募者採用を数人で対応しなければいけないタイプです。

前者では、全国の支社でバラバラに行っていた採用活動が、アウトソーシングサービスを用いることで採用窓口を一本化できますので、水準を均一に保つことができるほか、各支店の採用担当者は面接といった限られた業務に専念することができるため、組織的なコスト削減に繋がります。

また母数が多い採用を扱う場合など、多くの希望者への連絡・調整作業・選考を行わねばならないケースでは、採用アウトソーシングを利用した方がその都度生じてしまう負担を軽減できるほか、その時間やコストを別の活動に生かすことができます。

時間がないが採用ノウハウはあるケース

ノウハウは持っているが、採用の時間が取れないといった場合には、人材派遣サービスと採用アウトソーシングサービスを活用しましょう。

人材派遣サービスがオススメなのは、社内で採用チームが組まれており、独自の採用ノウハウが確立されている場合です。

この場合、人材派遣サービスによって採用スタッフを補充することによって、人材不足を解消できるほか、コスト削減にも繋がります。

もう一方の採用アウトソーシングは、中途採用や短期間に絞った採用の場に役立ちます。

サービス利用の平均は4週間で、短期間で集中して採用活動を行いたいという企業にとって、担当者が採用に時間をかけずにある程度まで選考を勧めることが可能なため、コストも人材派遣より安い場合が多いです。

時間もノウハウもないケース

こういった場合はコストはかかるものの、人を集められそうな求人会社や、人材サービス会社などの採用ノウハウを利用しましょう。

時間はあるが、ノウハウがないケース

採用スケジュールに時間を割けるため、求職者をしっかり見極めて採用を行いたいという場合には、採用コンサルティングを利用するか、人材会社のノウハウを伝授してもらいましょう。

採用コンサルティングに依頼することで、今後の見通しに合わせた人材の選考や、採用スケジュールの作成など採用担当者の負担を軽減できますし、採用選考の重要なパートナーを見つけることが可能です。

時間もあるし、ノウハウも持っているケース

時間とノウハウの両方が揃っているケースは、自社で全てを完了できるはずです。
ですから、基本的には外部サービスを利用する日必要はないでしょう。

ですが、担当者に比重がかかり過ぎる業務(希望者対応やメールの返信等)をピンポイントで依頼したい、自社だけではなく第三者の厳しい目も入れて採用をしたいという場合には、外部の採用アウトソーシングサービスを利用すると良いでしょう。

例えば、初期選考において会社が見るべき個所が知的能力や基本的なコミュニケーション能力な場合は、外注化が可能になります。

また自社のみに応募してくる人材だけでなく、他の業種の感覚を知っているアウトソーサーの方が初期段階のスクリーニングに適しているとも言えます。

中途採用の現場では、転職エージェントを利用した採用が一般化していますが、こういったアウトソーサーがクッションとして入ることで、より採用マッチングを高めていけるのではないでしょうか。

その場合も、選考プロセスや他社事例を熟知しているアウトソーサーに業務をそのまま肩代わりしてもらうのではなく、彼らの知恵を生かせるような姿勢でいることも重要です。