コストパフォーマンスの良い採用手法とは?

コストパフォーマンスの良い採用手法とは?

コスパの良さが光る採用手法をチェック!

コストパフォーマンスの良い採用手法とは?

人材は求めているけどあまりコストが掛けられない…そういった企業も多いのではないでしょうか? 実際、求人広告などで応募者を集めようとしてもなかなかうまくいかない場合もあり、応募者が少なかったり、良い応募者が現れず内定にまで進まないケースもあります。 では、コストを抑えつつ応募者を集めることができる採用手法はあるのでしょうか? 今回は採用手法の種類や特徴、さらにコスパがより良いものがあるかどうか、ご紹介します。

 

自社HPに掲載する

自社HPに求人情報を掲載し、直接メールや連絡をもらって面接などを行うという採用手法となります。

自社HPが既にあればこの方法も活用できますが、自社HPがなく一から作らなくてはいけないとなると手間もかかってしまいます。

また、検索サイトの上位に自社HPの求人情報が入らないとなかなか応募者を集められない可能性もあるのです。

しかし、自社HPの求人情報はその会社を狙って入社したい人も多く、人材のスペックは高めと言えるでしょう。

特に技術系や資格を持っていないと難しい職業に関しては自社HPでの求人情報掲載も良いでしょう。

ハローワーク

ハローワークはコストをかけずに人材を集めることができる定番の採用手法です。
場合によっては助成金の対象となる可能性があります。

ただし、掲載するまで時間がかかったり、選考に移るまで手間がかかっていたりしてしまう点や、情報量が少ない求めていない人材まで応募してくる可能性があるので注意しておかなくてはなりません。

新聞や就職ポータルなどの広告出稿

新聞の求人欄やインターネットの就職ポータル、さらにフリーペーパーや情報誌など、様々なところで求人広告を目にするかと思います。

特に近年では紙媒体よりもWEB媒体での広告出稿が増えています。

こうした広告出稿はコストがかかってしまう分、応募者をたくさん集めることができるので、応募者がなかなかいないという場合は、この方法を取り入れると良いでしょう。

ただ、多くの応募者が集まるからと言って全ての人材のスペックが高いというわけではないので注意しましょう。

コネを使う

社員の知人や親族などから人材を紹介してもらい、コネで中途採用させる方法があります。

近年は「リファラル採用」という言葉で表現される場合もあります。

紹介によるものなので、ある程度信頼をおけることができ、しかもコストを抑えることができるでしょう。

しかし、通常行う採用フローを無視して採用されることになるので、人材のスペックが本当に高いのかは入社後に判明する場合があります。

また、中途採用された人と企業側でミスマッチとなり、辞めてしまうと紹介した人にも気を遣わなくてはいけなくなってしまいます。

SNSなどを活用してソーシャルリクルーティング

自社が持っているツイッターアカウントやFacebookを利用して行う採用手法です。

主にソーシャルリクルーティングと言われており、SNSを活用して情報共有やコミュニケーションを図りながら採用するかどうかを決めていきます。

SNSを始めるのは無料ですし、拡散されるスピードは早いため、応募者の多くを見つけることができるでしょう。

今までと違うアプローチをかけたい企業におすすめです。

ただし、これが即採用につながるということではなく、SNSを通じてコミュニケーションを図ってから、書類選考や面接などを行わなければいけないため、手間がかかってしまうでしょう。

また、情報は新しいものを更新していかなくてはならないため、運用にも手間がかかってしまいます。

転職エージェント

転職エージェントは完全成功報酬型の場合が多いため、広告料0円から始められます。

転職が成功するとコストはかかりますが、その分良い人材を紹介してくれる場合が多いです。

また、入社した後に試用期間中に辞めてしまった場合、紹介料を一部返してくれるところもあるため、企業側としても取り入れて損はない採用手法といえるのではないでしょうか?

また、転職エージェントには様々な種類があり、一般企業のものを多く取り扱う転職エージェントから、看護師などの特別な資格を持った人を専門に取り扱っているところなら、求めているスキルの人材確保にも有利と言えるでしょう。

ただし、確実に求める人材が来るのかと言われればそうではないので気を付けましょう。

コスパが良いのは?

コスパが良い採用手法は、転職エージェントやソーシャルリクルーティング、コネなどと言えます。

ただし、一つに限ってしまうとデメリットを補うことができないので、複数の採用手法を組み合わせてから行うと、より良い人材を見つけることもできるようになるでしょう。

また、求める人材や年代に合わせて、採用手法を選ぶことで、コストを抑えて効率的に応募者を増やすことができます。

中途採用のコストがあまり掛けられないという方は、うまくコスパの良い採用手法を複数活用してみてはいかがでしょうか?