効果が出る採用計画の立て方

効果が出る採用計画の立て方

採用活動は計画段階が大切!

効果が出る採用計画の立て方

採用活動を行う上で採用計画を立てることは重要です。 採用計画はしっかり立てられない状態だとなかなか応募者が集まらない事態や、採用してもミスマッチになるケースがあります。 また、採用計画を立てられない企業は経営や事業計画が明確化されていないと見ることもできるでしょう。 ここでは採用活動をスムーズに進める採用計画のポイントをご紹介していきます。

 

採用目標を設定する

採用計画を立てる前に、まずは自社の人員数がどのくらいなのかを調べ、情報を整理します。

なぜ人員数を把握する必要があるのかというと、人員数がはっきりしない状態で人員を募集すると配属バランスなどが崩れてしまう恐れがあるのです。

また、人員構成が明確になれば人員を増やした将来、人員構成の変動によりどんな問題が起きるのか中長期的な問題をみることができます。

そして、問題を把握しつつ、どの部門に何人採用するかなど人数を決定していきましょう。

将来の組織を見通して必要な人数を確保する必要があります。

求める人材像

人材を確保する際は、どんな人材を求めているのか明確なイメージを持つことも大切です。

明確なイメージを持たないことがミスマッチを生む要因になったり、募集が来なかったりする原因につながります。

人物像をイメージでは客観的に判断できるものと、抽象的・主観的なものから判断できるものを照らし合わせて選ぶ必要があります。

例えば、選考基準は職務遂行の能力、勤務条件や待遇の適合性、組織や社風の適応力、人物や人柄の項目に分けてイメージすることができるでしょう。

人物像は学歴や経験、スキルなどのスペックと志向や性質、行動特性などのタイプから構成されているので、求めているキーワードを言語化することで人物像をまとめやすくなります。

ただ、タイプは抽象的・主観的になりやすいので注意しましょう。

採用手段や予定のスケジューリング

採用手段は求める人材像の設定から逆算することで決めることができます。

例えば、挙げた要素からどの部分を重点的に選考対象とするのか、どんな選考方法にすれば理想的な人材を採用できるか確認しましょう。

そして、それらをまとめながら面接時に使用するチェックシートを作成します。

チェックシートと人物像を比較しつつ、チェックできてない部分や確認したい部分はどのような方法で確認するか検討してください。

さらに選考のステップと合否ラインを設定することで、選考に必要な情報をまとめられるチェックシートの完成です。

採用手段が決まったら採用スケジュールを考えなければなりません。

採用スケジュールは事業計画に基づいた採用目的から予定を立てることが必要です。

例えば、10月頃に増員を予定するなら遅くても8月下旬までに採用を決定しないといけません。

そうなると7月から8月の間に一次面接から最終面接を行うスケジュールを考える必要があります。

どのくらいのスピードで選考を進められるなどを配慮しつつ、過去の採用プロセスとも比較してリカバリー策を考えることも大切です。

募集手段や募集要項、予算

求める人材を明確にすると、自然と募集要項も見えてくるでしょう。

募集要項も明確にして、求人でしっかり掲載することで不要な人材募集を防いで採用活動の効率化を図ることができます。

募集条件は企業によっても様々なので、しっかり具体的な条件を設定しましょう。
もし人員不足を補うことが大きな目的だとすれば、募集条件を少し下げる検討をする必要もあります。

そして、人材確保では募集手段も重要なポイントです。

募集では転職サイトや転職エージェントを活用するのか、合同説明会を活用するのか、または専門雑誌や新聞で求人を掲載するかなど、どの様な手段が有効か考えましょう。

手段によっては費用もかかるので、過去の採用実績からどの手段が有効だったかを整理し、そこにコストを集中させるのも良い手段です。

アピール項目を考える

採用では最終的にオファーを受けるかは応募者の考えにあります。

内定を出した人材が求める人材であるなら確実に確保しておきたいので、自社の強みなどをしっかりアピールすることが大切です。

自社の強みとは他社にはない部分だと考えます。例えば、競合企業との以外を比較して実績や教育システムの充実さなどをアピールしても良いでしょう。

ただし、その内容が求職者にとって魅力的化どうかも客観的に判断する必要があります。

また、合同会社説明会など直接説明できる場では、自社で働くことのデメリットも打ち明けることが大切です。

伝えることはマイナス要因になりすぎないように、ポジティブな強みもバランス良く加えて話すようにしましょう。

あらかじめアピールする内容をしっかり考えておけば、会社説明会や面接時なども慌てることなく自社の魅力をアピールすることができます。

業務内容や実績、教育システムなどあらゆる情報から自社のアピールポイントを探してください。

採用計画は決して簡単なものではありませんが、スムーズに活動する上で大切なプロセスです。

曖昧な計画を立てると採用活動を失敗させる恐れがあるので、採用目標や人材の人物像、予算や採用期間などをしっかりスケジューリングして採用活動を進めていきましょう。