内定辞退を回避!内定者フォローの鉄則とは?

内定辞退を回避!内定者フォローの鉄則とは?

内定者辞退者を減らす!内定者フォローにおいて重要なポイントとは…?

内定辞退を回避!内定者フォローの鉄則とは?

新卒採用では内定者フォローが重要だと聞きます。 転職のように内定から入社までが期間が短い場合にも、内定者フォローは必要なのでしょうか? 転職において内定を辞退するケースはあまり見られませんが、今後のキャリアアップを見越して何社にも応募をしている可能性は高いです。 本命の会社を優先する結果、内定を辞退されてしまうのは仕方ないことかもしれません。 しかし、内定者フォローを行っていれば人材が他の内定を優先するのを食い止めることができます。 今回は転職における内定者フォローの仕方とその鉄則について紹介します。

 

内定者フォローとは具体的にどんなものか

内定者フォローというのは、内定者を確実に入社させ、その後のスムーズな人材育成を図るための施策のことを言います。

いまは優秀な人材を集めるために企業アピールや選考の方法を工夫している会社も少なくありません。

しかし、内定を出したからといって、その人材が必ず入社してくれるとは限りません。

せっかく内定を出したのに、優秀な人材が他社に流れていっては今までの苦労が水の泡になってしまいます。ですから、人事担当者は求職者に内定を出して終わりではなく、実際に入社し仕事を始めるまでフォローし続ける必要があるのです。

内定者フォローのポイント

求職者に内定を出すことで、人事はほっと一息つけるようになります。

しかし内定を出してから、その後入社までの間に内定者を放置しておいて良いかというとそうではありません。

むしろこの空白の期間を利用して、アピールを続けることで内定辞退の状況を作りにくく出来るのです。

より内定辞退をさせにくくする方法として、内定を出す際にも気を付けるべきポイントがあります。これらを踏まえておけば、自社・求職者共に実りのある採用を行うことができますので実践してみましょう。

①内定通知の時点から既に内定フォローが始まっています

まず候補者に必ず自社に入って欲しいという事を伝えるためにも、内定通知は「口頭」で行いましょう。

今はメールでも済むことですが、あえて電話を使い口頭で通知することで内定の入社意思を確認することが出来ます。

平行して書面での内定通知を郵送したことを伝えるとなお良いでしょう。また内定が決まってから通知まではスピーディーに済ませることです。

入社して欲しいと思う希望者にはいち早く内定を出し、他の企業よりスピーディーに動くと内定を辞退されにくく出来ます。

②内定後のフォロー

内定を出してから入社日まではそう長い期間がありません。

希望者側としても内定を出されたことで、それまで張りつめていた気がほぐれ、落ちついて物事を考えられるようになります。

そうすると自分の転職活動を見直し、本当にその会社で良いのかと考える人もいます。

内定先の会社の雰囲気や配属先での仕事内容、今後のキャリアアップなど、考えれば考えるほど不安になることでしょう。

その不安から逃げるように、よりよい環境を求めて再度転職活動を始める求職者も多いのです。

そうなると内定を辞退される可能性も非常に高くなり、最悪の場合、また一から候補者探しを行わねばならなくなります。ですから、電話やメール等で小まめに連絡を取り、時には配属先のメンバーと共に食事をしたり、直接会話できる場を作るようにしましょう。

また時間があれば会社見学をしてもらったり、パートやアルバイトとして働いてもらうのも良いでしょう。

内定辞退率は少ない企業はこのように内定者と密に連絡を取り合っている場合が多いです。本人が入社後スムーズに業務にあたれるようにフォローすることが必要なのです。

内定者フォローの具体的な施策とは?

内定者の不安を素早くリサーチし、不安を取り除くためには内定者にアプローチし続けることが重要です。

メールや郵便などで、内定者向けのパンフレットを郵送したり、家族向けに資料を送るなどすると効果的です。

情報発信ツールとして内定者向けのSNSを利用するのも良いでしょう。

先にネット上でコミュニケーションを取っていれば、入社後もスムーズに輪の中に入って行けます。同じ内定者同士、親睦を深めるきっかけになるかもしれませんし、情報交換にも適しています。

配属先の先輩社員と親睦会を開くことで、会社への帰属意識を強めることも可能です。また入社前フォローの一環として、内定者研修や内定者教育行うことも検討しましょう。

業界未経験者であれば、不足しているスキル・知識の穴埋めが必要です。入社前に何が足りないのか、どんなスキルが必要なのかを把握しておけば、業務に関する不安を取り除くことができます。

採用担当者が内定者の側に立って考える

内定辞退を防ぐためには、内定者の視線に立ってものを考えることが重要です。

内定者に会社がどう見えているか、いま不安に思っていることはどんなものなのか、それを取り除くためにはどんなフォローをしたらよいのか考えましょう。