中途採用のメリット

中途採用のメリット

中途採用を取り入れて会社にイノベーションを起こす

中途採用のメリット

中途採用の場において、人事担当者がもっとも注意を注いでいる点は、採用の判を押した人材が自社の売り上げに貢献してくれるかどうか、ということだと思います。 中途採用は新卒採用とは違い、即戦力になり得る人を採用しています。 新卒採用のように「教育コストが必要ない」・「ある程度の職務経験を持っている」ため、これからの成長に期待が持てます。 対して新卒採用は、学校を卒業したばかりで社会経験も職務スキルも持っていないため、企業はその人材の将来性にかけてみるしかないのです。 大学名やクラブ活動、あとはその人の人間性や思考傾向などで判断するしかありません。 そのため、入社後にミスマッチが起きたり、業務をこなせないなどのアクシデントが起こりやすくなります。 そういった事を踏まえて、今回は中途採用のメリットをお教えします。 もし今「人材が足りない。中途採用すべきか、どうか迷っている。」とお考えの方は参考になさって下さい。

 

中途採用のメリットは?

中途採用者は基本的に、入社後すぐに仕事に取りかかれるということが前提で採用されます。

新卒者のように多くの時間とコストをかけて教育する必要がないため、即戦力として活躍してもらえます。

過去にいずれかの会社で社会人としての研修を受けているはずなので、入社後の教育コストも最小限に抑えることができるでしょう。

しかし、中には以前の会社でのキャリアが上手く生かせない、職場に慣れるまでに時間がかかる、仕事の進め方が遅く成果に繋がらないといった中途採用者も多いのです。ですから中途採用者を選考する際には、自分で学び取っていく姿勢があり、実力主義的なところがある人材を選ぶと良いでしょう

地方は優秀な人材をゲットできるチャンス

大都市圏では既に転職が当たり前のように行われており、その影響が地方にも伝わってこようとしています。

現在地方では、大都市圏からUターンをしてくる優秀な人材を獲得しようという動きが高まっているのです。

大都市圏では企業で忙しく働きながら、もっとのびのび暮らしたいと願う人が増えており、こういった人達を地方の中小企業に迎え入れることでイノベーションを起こそうというわけです。

しかし、この改革には問題点があります。

首都圏で働く若者は地方に戻りたい気持ちを持ちつつも、大企業で働くスキルを発揮することができないのです。

しかし、こういった優秀な人材が少しずつ地元に帰ってきてくれることで、地方の産業は大都市圏レベルに進化し、雇用が増えることにより地方に活気を取り戻すことが可能となるでしょう。

会社にイノベーションが起こる

中途採用の場面で大きく違う点は、採用基準になります。

新卒採用であれば、学校の卒業証明や基本的なパソコンスキルなどがあれば十分で、社会人としての経歴やスキルを重要視されることはないでしょう。

しかし、中途採用の場ではキャリアがものを言います。

希望者から送られてくる職務履歴書を見た時に、要点を絞って分かりやすく書いてあるか、どんな仕事に携わってきたのかが分かる履歴書であるかという事にも注目してみましょう。

読み手が受け取りやすい文章や文体で書いてある場合は、能力の高い人材であることが多いです。

こういった能力ある人材を会社に入れることで、元々いた社員が刺激され、業績が良い方向に進む可能性は高いです。

他社で教育されてきた人材を自社で育てるとしたら、少なくても10年もの歳月とコストが必要になります。

しかし中途採用者を受け入れることで、自社でのコストをかけずに能力をお金で買う事ができます。

地方には下請けから脱却できない企業や、いつの間にか元気をなくしている企業を多く見かけます。こういった企業に必要な人材が、能力を持った外部の人間なのです。

会社に長く務めることにより、外部を知ることなく育ってしまった人材ではイノベーションは起こせません。大きな変化を生み出すためには、会社を一変させるほどの能力を持った人材の採用を検討してみましょう。

中途採用の場にも革命が起きている

中途採用者の多くは人材派遣会社の力を借りて転職に至っています。

人材紹介サービスは拡大を続けており、この6年間で転職サービスを利用して中途採用を決めた人は倍にまで増えています。

こうした人材派遣会社はどうして利益を得ているのかと言いますと、転職先の企業に成功報酬を支払って貰っているのです。

成功報酬は採用人材の年収の約35%と言われていますから、年収300万の人材採用の場合には、100万近くのコストがかかる計算になります。

ただでさえ人材紹介サービスの普及が遅い地方にとっては、この金額は非常に痛手です。採用経費の中でも、最も高額であると言えるでしょう。

しかしこの金額をかけても良いと思えるようなメリットがたくさんあります。

企業側の要望によっては、大手企業を経験した人材を紹介してもらえるかもしれません。今、国はこのような優秀な人材を地方に多く迎え入れる活動を勧めています。

ですから優秀な人材を迎え入れたいという企業は、内閣府や県からバックアップを受けられる今がチャンスです。