採用をアウトソーシングすることのメリット

採用をアウトソーシングすることのメリット

コア業務に集中できる!

採用をアウトソーシングすることのメリット

自社で行う採用を代行してもらうサービスがあるということはご存知ですか? 「採用アウトソーシング」というものなのですが、このサービスを利用する企業は年々増えています。 アウトソージングを取り入れることで、どのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介していくので、採用担当者はぜひ参考にしてみてください。

 

採用のアウトソーシングとは?

アウトソーシングとは業務を外部委託すること言います。

よって、採用を代行してもらうこととなります。

採用業務の委託内容としては、委託をする会社によっても違いがありますが、母集団形成、先行、内定全てを委託することも可能ですが、いずれか1部分を委託することも可能となります。

詳しい内容としては、

  • 募集計画を立てる作業
  • 求人媒体への資料作成と出稿
  • 説明会の遂行
  • 応募者への対応
  • 求人に関わる事務的作業
  • 選考業務

など様々なことを行います。

採用担当者の業務としては、「最終面接」「採用の確定」この2つとなり、負担を軽減させることができるでしょう。

また、採用活動の際には企業側と委託側で常に情報が共有されることとなります。

採用のアウトソーシングを利用する理由とは?

近年、求人市場は売り手市場となり、企業が応募者を選ぶ時代ではなく企業が選ばれる時代になってきました。

よって、採用に関して企業側の努力が必要となり、採用手法の多様化もあることで採用担当者には多くの業務が圧し掛かることとなります。

業務が圧迫することで、良い人材を発掘できないなどの問題もあり、多くの問題があるのです。

また、内定辞退者も多く採用活動が長引くことで更なる業務の圧迫もあり、中途採用があった場合でも辞退を防止するために様々な投資を行うことで、仕事量がさらに増えることにも繋がってしまいます。

上記のように、採用担当者には負担が多くなる傾向にあるため、アウトソージングを考える企業が増加してきたのです。

採用アウトソージングのメリット

デメリットを紹介しましたが、採用アウトソージングを利用することでメリットも多くあります。
そのメリットについて紹介していきましょう。

採用のプロが担当する。

採用アウトソーシングのスタッフは、採用活動を専門にトレーニングを積んできました。

よって、様々なノウハウを持ち、その能力を使って採用業務にあたってくれます。外部のノウハウについては自社においても役に立つことが多いでしょう。

また、短期間や多くの人材採用など様々なニーズにも応えてくれます。

コア業務に集中して取り組める。

採用業務において、応募者が多いことで他の業務に手が回らないなど、不満が生まれたことはありませんか?

採用アウトソーシングを依頼することで、応募者への問い合わせやメールの配信など委託業者が様々な作業を行ってくれます。

なので負担が軽減した分、面接、採用の確定だけではなく教育研修の企画立案などの人事戦略を練る時間を十分に確保することができるのです。

採用アウトソーシングのデメリット

採用アウトソーシングを依頼することで起こり得るデメリットを紹介します。

コストが必要となる。

アウトソーシングに依頼することで、やはりコストが必要となります。

どのように業務を代行してもらうかによって、費用にも違いがありますが委託を依頼する企業によって費用に違いもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

ただし、教育コストは掛かりません。

自社にノウハウが培われない。

採用アウトソーシングを利用することで採用ノウハウを向上できるかが問題点となります。

専門性の高い業務を任せてしまうと、自社に採用ノウハウが蓄積されません。委託を解消した際に、同じように業務を遂行できるのかが問題となるので、注意が必要です。

採用アウトソーシングを利用する際の注意点

メリット・デメリットを知ったことで更に興味を抱いた採用担当者も多いでしょう。ですが、採用アウトソーシングを利用することで注意点がいくつかあります。

注意点をしっかりと確認することで、うまく利用することができるので、ぜひ参考にしてみてください。

分担は明確に

サービスを依頼した際には、まず業務の分担を決めなくてはいけません。

明確に決まっていないと、アウトソーシングしていなかったなど後になってわかる場合もあるので注意が必要です。

任せ過ぎないこと

採用アウトソーシングに業務を任せ過ぎてしまうと、自社での採用ノウハウが培われなくなってしまいます。

全てを任せるのではなく、一部分を任せることで採用アウトソーシングのデメリットの部分を無くすことができます。

応募者とのコミュニケーションも必要

採用活動を任せてしまうので、自社で採用活動を行うよりも応募者とのコミュニケーションが不足してしまいます。

応募者にとっても、入社後のギャップに繋がる可能性もあり、ミスマッチを感じて、人材が離れていくことにも繋がりかねません。採用アウトソーシングに任せきりにしないよう、応募者とも直接コミュニケーションを図ることも大切です。

採用アウトソーシングは注意しながら依頼することで、様々なメリットがあります。採用担当者の負担を減らしたいと感じている企業は、依頼を検討してみてはいかがでしょうか。