若年層の採用が有効な会社の特徴

若年層の採用が有効な会社の特徴

今、若者を採用するべき?

若年層の採用が有効な会社の特徴

高齢者社会の影響で若年層の人材が不足していますが、各企業では様々な戦略で若年層の人材確保を行っています。 若年層の人材を求める理由は様々ですが、中には若年層の確保を重視し過ぎてミスマッチが起きてしまうこともあるようです。 採用活動では若年層の人材だけが必要であるのかをしっかり考える必要があります。 ここでは若年層の人材が求められる企業の特徴をご紹介していきましょう。

 

成長スピードが速い、柔軟な対応ができる

急成長企業などの場合は人為不足になりやすいため、若年層の採用も積極的な傾向があります。

若年層の人材は新卒とは異なり、ビジネスパーソンの教育は前職で身についているので、仕事への心構えは理解しているでしょう。成長スピードも速いので、どんな業務でも柔軟に対応することに期待できます。

異業種の場合は未経験の若年層だと不安に感じることもありますが、最近は未経験でも人材を募集する企業が増えています。

その理由は育てることで伸びる可能性が秘めていると考える企業が多いからです。

特に異業種に興味を示している若手であれば仕事への意欲も大きいので、しっかり教育をすれば十分な戦力となるでしょう。人材教育に余裕があり、事業拡大や業績が伸びている企業は比較的に若年層を求めていると考えられます。

即戦力となる若手を求める企業

事業方針の転換や事業拡大により人材を求めるケースが多いでしょう。

フレッシュな若者を採用するなら新卒採用がありますが、特殊な分野の業界や職種は大量雇用よりも即戦力の方が求められます。

また、急な人材を確保したい場合は人材教育の余裕もありませんし、しっかり教育がされていないと新卒人材は活躍が難しいです。

しかし、ビジネスパーソンや必要なスキルや能力を保有している、社会経験がある若年層であれば、いきなり即戦力になる可能性も高いです。

異業種での転職の場合は不利ですが、同業種に限定した採用であれば即戦力となる若手人材を確保することはできます。高度なスキルや技術は経験が多い中高年層が求められますが、若年層を採用するメリットとしては、長期的に残る可能性が高いことです。

中高年層は年齢によっては定年退職などで離職する可能性がありますが、若手であれば離職する可能性も中高年層より低いでしょう。しかし、何らかの理由で若手も離職をするので、若手が働きやすい環境をつくり離職率を下げる工夫が求められます。

社内の高齢化により若手がほしい

若手社員の確保が難しい現代、問題となっていることが社内の高齢化です。

社内高齢化は若年層の人材が確保できず、残っている中高年層で業務を行っている状態です。ベテラン社員は経験と技術を持っているので欠かせない人材と言えます。

しかし、近年は生産業だとオートメーション化が主流となっているので、職人技がなくても商品や製品を作れるようになっています。なので、必ずしも技術を持つ人材が求められるかと言われるとそうではありません。

また、技術やスキルが求められる業種であっても、技術は日々進歩を遂げています。

最新技術に関しては若年層の方が早く取得している可能性もあるので、新しいアイデアを取り入れる意味で若手の人材を採用したいと考える企業も多いのです。

さらに、中高年層ばかりの企業は離職率も高く、人材が不足しやすくなります。若手の人材を取り入れることで技術や経験を教え、さらにその世代が別の若手に伝えていくサイクルが成り立つことで、企業存続につながるとも考えられるでしょう。

知名度が低いため、新卒採用が少ない

第一新卒者は安定性を求めるので、知名度の大きな企業へ就職するケースが多いです。

そのため、知名度が低い企業では新卒採用に苦戦してしまうこともあります。

しかし、最近は一度働いてみて自分のやりたい仕事や興味のある仕事が見つかる若者も多く、第二新卒者として転職活動をする若者も増えているのです。

知名度の低い企業は第一新卒者よりもさらに具体的な夢やイメージを持つ第二新卒者に絞って若年層の人材を確保するケースも増加しています。

第二新卒者は企業の規模や知名度だけではなく、やりがいにつながる共感できる企業を求める傾向が強いです。

そのような第二新卒者を確保するためには、1日の業務内容や若者に何を期待しているかなど企業の魅力をしっかりアピールすることが重要となるでしょう。

このように、企業によって若年層を求める理由は異なります。

しかし、ほとんどが若者に対して戦力への期待を示していることが分かるでしょう。

すぐ戦力になるなら若手である必要があるのか、若手を入れることで会社にどんなメリットがあるかをしっかり明確にすることが大切です。

採用活動を行う際は求める人材のイメージをはっきりさせ、若者が採用ニーズに一致するかどうかを見極めて採用を見極めましょう。そして、若年層の人材を確保するための工夫も考えるようにしてください。