遠方の候補者とSkype面談を実施予定。気をつけるべきポイントは?

遠方の候補者とSkype面談を実施予定。気をつけるべきポイントは?

Skype面談で注意すべき点とは?

遠方の候補者とSkype面談を実施予定。気をつけるべきポイントは?

遠方にいる候補者と面談を行うことになった場合、Skypeを通して行うことで交通費のコスト削減などにもつながりますし、面接前にSkype面談を設けることで一度話をすることができ、ミスマッチを避ける効果もあります。 もしも初めてSkype面談を導入する場合、人事・採用担当者はどのようなことに気を付けなくてはならないのでしょうか? 今回はSkype面談の際に気を付けるべきポイントをご紹介します。

 

ネット環境とパソコンを事前に準備しておく

まずSkype面談で重要なポイントは、ネット環境とパソコンを事前に準備しておくことです。

これがないとSkype面談は行うことができません。

Skypeはスマートフォンからでも行うことができ、テレビ電話のような感覚で使用することもできます。

しかし、日常生活の中ではスマートフォンでも良いのですが、Skypeを使った面談のため、なるべくパソコンを使用するようにしましょう。

パソコンを使用すると、両手が空くためメモなども取りやすくなります。

パソコンでSkype面談を行う場合、パソコンにカメラが付いていないものに関してはWEBカメラやマイクなどが必要です。

必要な機材を準備し、インターネット環境のある部屋で行うようにしましょう。

Skypeはネット環境の中で行われるため、もしもネットワーク接続が途切れてしまったり弱かったりすると面談ができなくなってしまいます。

このような問題が起こらないために、機材の確認を事前に行っておき、万が一トラブルが発生してしまったらすぐに解決できるよう、技術者や詳しい人に事前に相談しておくと良いでしょう。

会議室など、面談に集中できる場所を確保しておく

Skype面談は基本的にどこで行っても問題ありませんが、なるべくSkype面談に集中することができるよう、会議室などの部屋を借りてSkype面談するようにしましょう。

部屋を借りる時は、必ず上記の項目に当てはまる部屋(インターネット環境にある、パソコンを設置できるなど)にしておきましょう。

オフィスの中で行うのは、周りの声が気になって応募者の声が聞き取りづらくなってしまいますし、逆にこちらの声が周りの人の迷惑になってしまう場合もあります。

また、画面に映りやすいように照明の当たり具合などもチェックしておくと良いでしょう。

情報漏えいにつながらないよう気を付ける

カメラを通して面談を行うため、後ろや周りの環境も映ってしまうことになります。

普通の対面面談であれば気を付けることもありますが、Skype面談になると実際にこちらにはいないからと思い油断してしまう方が多いです。

会社の機密事項になるようなものや、そうでなくても仕事に関わるものが映らないように場所を設定しておくことも大切です。

カメラ目線で聞くことが大切

Skype面談の際はつい、画面を見ながら相手の話を聞いたり、こちら側が喋ったりすることがあります。

しかし、実際は画面がカメラになっているわけではないので、カメラの方に目線を合わせないと目が合っているように感じられず、応募者は話を聞いてもらっていないような感覚に陥ってしまいます。

そのため、なるべくカメラに目線を合わせておくようにしましょう。

もしくは、カメラを画面の上部、もしくは下部に設置すると画面を見ながら目線が合わせやすくなります。

質問する内容、聞いておきたいことは事前にメモしておく

Skype面談はカメラを通しての面談となるため、カメラに映っていない部分は相手から見えることはありません。

ですから、質問する内容や聞いておきたいことをメモしておけばコミュニケーションを取りながら聞いておきたいことをしっかりと聞くことができます。

もちろんこれは応募者にとっても言えることなので、あえて面談にあまり関係ない質問をしてみると、その時の反応から臨機応変に対応できるのかどうかなどをチェックすることもできるでしょう。

できれば内定前に対面面談も行うべき

Skype面談はとても便利な面談方法ですが、実際に会っていないためどうしても応募者の細かい雰囲気などが伝わりにくくなってしまいます。

また、画面を通してみると相手の情報が少ないままの面談となってしまいやすいです。

そこで応募者と企業側でミスマッチが発生してしまう可能性もあるので、できれば内定を出す前に対面面談を行っておくと良いでしょう。

ただ、これは全ての応募者に対してではなく、実際に会ってみたいと感じた人や採用の可能性が高いと感じた人だけに対面面談を行うようにしましょう。

Skype面談はそれなりに手間な部分もありますが、取り入れることで遠方の人も応募対象になりやすく、応募者数の拡大につながります。

日本ではまだまだ取り入れている企業は少ないですが、世界では既に当然のように行われていますし、日本でも今後Skype面談を導入する企業は増えてくるでしょう。

ただ、上記のポイントに気を付けないとせっかくSkype面談を導入したのにあまり良い効果が得られない場合があります。

上記のポイントに気を付けながら、遠方の候補者とのSkype面談に臨みましょう。